解体工事

家屋解体工事

これまでは、建物があると固定資産税が安くなる特例から、古い家でも解体できない(したくない)事情がありましたが、今後は特例が不適用になる空き家も増えていきます。

ビル解体

ビル解体もお任せ下さい、解体費用をあまりにも安くしようとすると、安全対策の軽視、安い単価の未熟な職人、様々なトラブルの原因になる事が予想されます。解体施工技士などの有資格者、熟練者がいる信用のおける会社を選ぶ必要があります。

内装解体

店舗の内装解体やスケルトン解体も行います。店舗の閉店やオフィスの移転など、原状回復しないといけない場合に、建物構造体のみを残して全て解体し、床・壁・天井、配線・給排水管・吸排気設備などを入居時の状態に戻します。

建築会社のマージンの平均は3~4割。

会社にもよりますが、ハウスメーカーや、元請け業者を経由して提出された見積書には通常3~4割前後のマージンが上乗せされています。仮にハウスメーカーや元請け業者から受取った見積書が250万円であれば、そのうちの75万円~近くがハウスメーカーや元請け業者の利益であるかもしれないのです。

直接業者へ申し込みした場合

不法投棄や違法工事など、何かと悪い噂の多い解体業界。残念ながら、実際に業界のモラルは高いとは言えず、悪徳な業者が存在しているのも事実です。

まして、中間マージンを充分に元請けなどに支払っている下請け業者は適法に工事が出来ずに不正な工事を行う事もあります。

  • 解体工事で出たコンクリート片が、地中に埋められていた
  • 工事中に追加費用を請求されて脅された
  • 工期や工事範囲等の約束を守ってくれない
  • 解体で出た廃棄物を不法投棄されていた

見積の比較

業者3社の相見積りとなることによって価格競争が生まれ、各業者ともに目一杯の金額を出してくれますので、「ハウスメーカー経由の解体見積りの半額近くになってしまった」ということも珍しくありませんさらに、通常では作業補償はありませんが弊社との契約で作業も補償され安心です!

送信前に一度、プライバシーポリシーをご一読下さい。


木造鉄筋・鉄骨軽量鉄骨その他